トップ・ページ>NLWライブラリー>ハレルヤ洋子



ハレルヤ洋子。東京在住。旅人兼歌い手。通称「流しのハレルヤ」。
2005年2月、ついにあこがれの聖地・リヴァプールへ、巡礼流し旅に出発!


「僕のリヴァ日記」 / ハレルヤ洋子 

第2話 〜ひとりぼっちのあいつ〜

東京に戻って来た私は、すっかり「リヴァの魔法」にかかっていました。
さて、これからどうしようか、ひとりぼっちの私。
手始めにビートルズのスコアと、安いギターを購入しオリジナルペイントをしました。これで貧乏ロッカー&下手な演奏でも不安解消、立派なアートの完成です。
そして左の指に肉刺(まめ)を作る生活が始まりました。

そんな中で私は、押さえ切れない想いを早く誰かに伝えたくて、いろんな所に手紙を送る、ということをしていました。
もちろんメールで、ですけどね!!
英国政府観光庁、留学案内会社、旅行アレンジ会社、エトセトラエトセトラ…。
そしてほんの偶然でサイトを開いて見つけた、「スカウスハウス」。
リヴァプールで埋め尽くされたその魅力的なホームページに、私の心は逸りました。そうそうそう、これが私の愛したリヴァ!!

> 一人旅で訪れたリヴァプールが忘れられません。二年以内に長期
> 滞在して、ストリートで演奏したいと思っています。良い方法はありま
> すか?

そんな書き出しで長々綴った手紙の返事が来たのは、送って間もなくのこと。

> 大変だとは思いますが、ハレルヤさんは勢いがある方ですね!!

親切でフレンドリーなメール、それが「スカウスハウス」の Kaz さんとの最初の出会いです。約一年近く前のことです。
それからも、練習の合間に Kaz さんに相談のメールを送り続けました。

ちょっぴりギターが馴染んできた夏には、宮古島や沖縄本島へと、ビートルズソングを披露しに「流し一人旅」、なんかを実行してみました。

「いつか、ビートルズの街で演るんだ!!」
「そうか、がんばれ! ハレルヤ!!」

旅先で出会った人たちがさらにパワーを与えてくれました。一期一会の彼らのあたたかい言葉に、嘘はつきたくありません。

(クソッ、二年なんて言ってられっか! 一年で行ってやる!!)

それから、急激なマネーセーブと、ビートルズレパートリーの追加に燃えたのは、言うまでもありません。そして…。

> 2005年2月! ハレルヤ流し一人旅イギリス編、決定いたしまし
> た!!

そんなまた唐突で無謀な私のメールに、Kaz さんはさぞ驚いたことでしょう。

「ギ、ギター、本当に持って行くんですか? 観光だけじゃなくて?」
「はい! 何か分らんけどいいことありそうなんで、とりあえずギターは背負って行きます。でも観光して帰って来るだけかも…そしたら、ハッタリでしたスイマセン、って謝ります。笑」
「…じゃあ、僕に出来る事があれば協力しますね。でも、あまり期待はしないで!」
「YES!! 叫」

早速かぶれてしまっている私。
なんとなく強い味方が出来たみたいで、受話器片手にガッツポーズをとりました。

無謀に英国に乗り込んで、路上演奏して良いものだろうか、本当に歌って帰ることができるのだろうか、もしかして石を投げられたりしないか? いや、ギターを背負っている上から人が乗って来ないだろうか…。

ありえない妄想まで膨らんで少し不安を抱いていた胸が、一気に華開いて行くのがわかりました。
そしてそんな妄想もプラスのイマジネーションに変わって行き、オリジナルギターを抱えて、ジョンにキスをする夢をうっすらと見るのです。

「よし、ハレルヤさん! ではまず、現地の情報収集をしましょう。友人に聞いてみますね!!」
「Sounds Greeeeeeeeeat!!」

(つづく)
 
バックナンバー

- イントロダクション -


第1話
1st インプレッション


第2話
ひとりぼっちのあいつ


第3話
Here Comes The Sun


第4話

Bitter Sweet Symphony


第5話
Golden Slumbers


第6話
I Saw Her Standing There


第7話
In My Life


第8話
From Me To You


第9話
Strawberry Fields Forever


番外編
Liverpool Echo


from NLW No.192 - March 8, 2005

Copyright (C) 2005 Yoko Hallelujah/Scouse House

フォト・ギャラリー


Liver Bird & Liverpool Sky


トップ・ページ>NLWライブラリー>ハレルヤ洋子