トップ・ページ>NLWライブラリー>ハレルヤ洋子



ハレルヤ洋子。東京在住。旅人兼歌い手。通称「流しのハレルヤ」。
2005年2月、ついにあこがれの聖地・リヴァプールへ、巡礼流し旅に出発!


「僕のリヴァ日記」 / ハレルヤ洋子 

〜 イントロダクション 〜
by 'Kaz' / Scouse House  

東京在住のシンガー「ハレルヤ洋子」さんが、リヴァプールでのマジカルな体験をエッセイに綴ってくださいました。

タイトルは『僕のリヴァ日記』。

僕がハレルヤさんに対していつも感心するのは、彼女の「まっすぐさ」です。
とにかくまっすぐな人なのです。
まっすぐに自分を見つめ、考え、こうと決めたらまっすぐ行動する。
もちろん悩んだり迷ったりする時だってあるのですが、やっぱりまっすぐ悩み、まっすぐ迷う。

そしてその「まっすぐさ」に正当な方向性が与えられたとき、そこには、巨大な磁力のようなものが生まれるのかもしれません。いつの間にか周りの人々を引き寄せ、動かしてしまうほどの…。

「動かされてしまった」者のひとりとして、そう思います。

ハレルヤさんには、夢や希望を持つことの大切さや、それに向かって行く姿の美しさを、あらためて教えてもらったような気がします。
夢とか希望って、どこかから探して来るものではなくて、自分自身の中にあるものなんですよね。

ハレルヤさん、ほんとうにありがとう!

このエッセイは、「スカウス・ハウス」発行のメールマガジン『リヴァプール・ニュース News of the Liverpool World 』の第191号から、9回にわたって連載されました。
読者のみなさんからは、「ハレルヤさん面白い!」「あんな旅がしてみたい」「感動しました」などなど、たくさんの反響をいただきました。
こうやって、あらためてウェブサイトで紹介できることを嬉しく思います。

さあ、そろそろハレルヤさんに、『僕のリヴァ日記』を始めてもらいましょう。
結末は見事なハッピーエンドです。
どうぞごゆっくりお楽しみください。
                         - Kaz (May 20, 2005)
 
バックナンバー

- イントロダクション -


第1話
1st インプレッション


第2話
ひとりぼっちのあいつ


第3話
Here Comes The Sun


第4話

Bitter Sweet Symphony


第5話
Golden Slumbers


第6話
I Saw Her Standing There


第7話
In My Life


第8話
From Me To You


第9話
Strawberry Fields Forever


番外編
Liverpool Echo



Copyright (C) 2005 Yoko Hallelujah/Scouse House

フォト・ギャラリー


Let's take a journey to your dream!


トップ・ページ>NLWライブラリー>ハレルヤ洋子